弁護士の活躍

交通事故が起こると、加害者の契約している保険会社と交渉することが非常に多くあります。特に、示談交渉と言って、慰謝料を含む賠償金の支払時には、非常に高度なやり取りが行われます。

交通事故によって被害者が支払った治療費、交通費、事故によって仕事を欠勤した場合は、その分の休業損害、通院慰謝料、後遺障害等級が認定された後はその後遺障害慰謝料などの損害額や、交通事故によって負った精神的苦痛という目に見えない被害に対する慰謝料などを加害者に請求します。しかし、加害者の保険会社が被害者の請求した金額通りに支払いをしてくれるケースは滅多にありません。

保険会社は知識も経験も豊富なので、いろいろな角度からの意見で少しでもその賠償金額を下げようと交渉してきます。被害者が言葉の意味も分からずに返事をしてしまうことで、正当な賠償金を受け取れないということもよくあります。そういったことがないように、専門的な立場として代理で交渉してくれるのが弁護士です。保険会社よりも豊富な知識で交渉し、示談金額が増額される可能性もあります。

交通事故では、自身の体の心配だけでなくその後の生活など不安に思うことも多いものです。そのような状況で冷静に保険会社と交渉できる人はあまり多くはありません。精神的負担も軽くなるので、交通事故の解決に向けて弁護士に相談することをおすすめします。