弁護士の活躍

交通事故が起こると、加害者の契約している保険会社と交渉することが非常に多くあります。特に、示談交渉と言って、慰謝料を含む賠償金の支払時には、非常に高度なやり取りが行われます。

交通事故によって被害者が支払った治療費、交通費、事故によって仕事を欠勤した場合は、その分の休業損害、通院慰謝料、後遺障害等級が認定された後はその後遺障害慰謝料などの損害額や、交通事故によって負った精神的苦痛という目に見えない被害に対する慰謝料などを加害者に請求します。しかし、加害者の保険会社が被害者の請求した金額通りに支払いをしてくれるケースは滅多にありません。

保険会社は知識も経験も豊富なので、いろいろな角度からの意見で少しでもその賠償金額を下げようと交渉してきます。被害者が言葉の意味も分からずに返事をしてしまうことで、正当な賠償金を受け取れないということもよくあります。そういったことがないように、専門的な立場として代理で交渉してくれるのが弁護士です。保険会社よりも豊富な知識で交渉し、示談金額が増額される可能性もあります。

交通事故では、自身の体の心配だけでなくその後の生活など不安に思うことも多いものです。そのような状況で冷静に保険会社と交渉できる人はあまり多くはありません。精神的負担も軽くなるので、交通事故の解決に向けて弁護士に相談することをおすすめします。

治療と示談について

交通事故によりケガを負ってしまった場合には、病院での治療が必要になります。その場の処置のみで完了するケガもあれば、むち打ちのように、その後回復するまでに時間のかかるケガもあります。そういった、その場での回復が限界で、その後も回復までに時間を要するケガの状況のことを症状固定と言います。交通事故では、むち打ちの症状がでることが非常に多いので、症状固定と診断されるケースは多々あります。

医師が症状固定だと診断をした場合は、次に被害者に残っている症状が、後遺障害として認められるものかどうかを判断する必要があります。後遺障害認定が受けられるかどうか、第三者機関に審査してもらうことになります。通常、後遺障害等級認定の審査結果が出るまでには、1~2か月程度かかります。

後遺障害等級認定の結果が出たら、損害額の計算をします。過失割合に応じて、加害者に損害額を請求します。外的なダメージだけでなく、交通事故によって負った精神的苦痛に対する賠償金として慰謝料も請求するケースが一般的です。相手の保険会社との示談交渉が行われ、双方が合意できれば示談が成立し、賠償金の支払いが行われます。示談が成立しない場合には、裁判所に訴訟を提起します。

警察と保険会社に連絡

交通事故に遭ってしまったら、警察と保険会社に連絡を取る必要があります。まずは警察に連絡を入れ、事故の状況やケガ人の有無などを報告します。警察が実際に事故が起こった現場に出向き、その場で実況見分が行われます。ケガが重傷で救急搬送された場合などは、後日ケガの回復を待って、早いうちに再度現場で実況見分が行われます。警察の実況見分調書は、過失割合を決めるのに非常に重要な書類となるので、きちんと状況を説明しましょう。

次に、加入している保険会社に連絡を入れます。事故にあったことを報告し、事故の状況を説明します。自分の保険契約の内容も聞いておきましょう。特に弁護士費用特約が付いている場合は、弁護士に案件を依頼した場合の費用などを保険会社が負担してくれる可能性が高いので、弁護士特約が付いているか必ず確認しておきましょう。

今後は、加害者の保険会社とやり取りをすることが増えるので、加害者に住所・氏名・連絡先・就業先・車のナンバーの他に、契約している保険会社名を確認しておきましょう。少しでも対処がスムーズに行くように、加害者の契約している保険会社に、自分が行く予定である病院の名前や所在地を伝えておくと良いでしょう。

交通事故の解決方法

交通事故は生活の中で突然起こります。自分が気を付けていても巻き込まれてしまうケースもあり、誰でも交通事故被害者になってしまう可能性があります。事故は生活を一変させるような事態になることもあり、最悪の場合死亡者が出ることもあります。

交通事故は非日常の出来事なので、被害に遭ったときはパニックになり、どのように対処したら良いか分からないということも多々あります。万が一、自分が被害者になってしまったときのために、日ごろから事故に遭ったときの解決方法を知っておくようにしましょう。

事故の内容によって、事故処理の流れは変わってきますが、大まかには、警察と保険会社に連絡をします。ケガなどがある場合は治療に関する処置を受け、後遺障害等級の認定を受けます。その後、相手の保険会社と示談の交渉があり、示談が成立しない場合は、裁判を行うというのが一般的です。

交通事故に遭うと、保険会社とやり取りをすることが多く、会話の中で専門用語も沢山出てくることでしょう。聞きなれない言葉の意味をひとつひとつ理解した上で返事をしないと、被害者でありながら、正当な賠償金や慰謝料が受け取れないという可能性もあります。保険会社との交渉に自信がない人は多く、そういったときに味方になってくれるのが弁護士という存在です。分からないことやちょっとした不安でも親身になってくれる弁護士を見つけることで、事故で負った精神的負担も軽くなります。ここでは、交通事故の解決までの流れを確認しておきましょう。