治療と示談について

交通事故によりケガを負ってしまった場合には、病院での治療が必要になります。その場の処置のみで完了するケガもあれば、むち打ちのように、その後回復するまでに時間のかかるケガもあります。そういった、その場での回復が限界で、その後も回復までに時間を要するケガの状況のことを症状固定と言います。交通事故では、むち打ちの症状がでることが非常に多いので、症状固定と診断されるケースは多々あります。

医師が症状固定だと診断をした場合は、次に被害者に残っている症状が、後遺障害として認められるものかどうかを判断する必要があります。後遺障害認定が受けられるかどうか、第三者機関に審査してもらうことになります。通常、後遺障害等級認定の審査結果が出るまでには、1~2か月程度かかります。

後遺障害等級認定の結果が出たら、損害額の計算をします。過失割合に応じて、加害者に損害額を請求します。外的なダメージだけでなく、交通事故によって負った精神的苦痛に対する賠償金として慰謝料も請求するケースが一般的です。相手の保険会社との示談交渉が行われ、双方が合意できれば示談が成立し、賠償金の支払いが行われます。示談が成立しない場合には、裁判所に訴訟を提起します。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket