警察と保険会社に連絡

交通事故に遭ってしまったら、警察と保険会社に連絡を取る必要があります。まずは警察に連絡を入れ、事故の状況やケガ人の有無などを報告します。警察が実際に事故が起こった現場に出向き、その場で実況見分が行われます。ケガが重傷で救急搬送された場合などは、後日ケガの回復を待って、早いうちに再度現場で実況見分が行われます。警察の実況見分調書は、過失割合を決めるのに非常に重要な書類となるので、きちんと状況を説明しましょう。

次に、加入している保険会社に連絡を入れます。事故にあったことを報告し、事故の状況を説明します。自分の保険契約の内容も聞いておきましょう。特に弁護士費用特約が付いている場合は、弁護士に案件を依頼した場合の費用などを保険会社が負担してくれる可能性が高いので、弁護士特約が付いているか必ず確認しておきましょう。

今後は、加害者の保険会社とやり取りをすることが増えるので、加害者に住所・氏名・連絡先・就業先・車のナンバーの他に、契約している保険会社名を確認しておきましょう。少しでも対処がスムーズに行くように、加害者の契約している保険会社に、自分が行く予定である病院の名前や所在地を伝えておくと良いでしょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket